--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-31

蒲原城に行ってきました

 1/24、蒲原城、久能城、興国寺城、葛山城&館に行ってきました。まずは蒲原城からです。
 この城の本曲輪に立って思うのは、この城こそ、駿河国一の要衝と言っても差し支えないであろうことです。眼下に東海道を見下ろし、東西に広がる駿河国全域を視野に収め、さらに駿河湾を航行する船舶まで監視できる絶好のポイントにこの城は築かれています。
 天文年間の「河東一乱」の頃は富士川西岸という立地条件を生かした今川家の番城として北条家の西進を阻み、永禄十一年(1568)の甲相駿三国同盟破綻時には、信玄の南下を押さえ(最終的には落城)、武田家のものとなって後は、その東進のための兵站基地の役割を果たしました。常にこの城が取り合いとなるのは、その立地に起因していることは言うまでもありません。
 またこの城は、激戦の末に落城という稀有な経験をした城の一つとして銘記されるべきでしょう。徹底抗戦の末に落城という経過をたどった城は、実は意外に少なく、戦う前に自落撤退か、戦った末に降伏開城という結末を迎える城が大半です。
 むろん、その合戦経過は明確な記録に残されていませんが、信玄率いる武田勢主力の前に、城将と幹部が全員、壮絶な討死にを遂げたことは確かです。特に、城将として入っていた北条幻庵次男の氏信は将来を嘱望されていたらしく、北条家にとり、たいへんな打撃だったことでしょう。さらに、この城では、氏信の弟で、わずか十六歳の箱根少将長順も討死にを遂げました。幻庵の第三子として箱根権現の別当になるべく育てられてきた長順が、いかなる理由から、蒲原城に入っていたかは定かではありません。そこには歴史の海に埋没した何らかのドラマがあるような気がしてなりません。
 さてこの城は、今川家、北条家、武田家、徳川家とその所有者を変遷させてきましたが、最終形は永禄十二年(1569)の落城時のものと思って差し支えないと思われます。つまり、北条家の手によるものです。
その理由は、搦手である北方の構えが堅固なことです。これは、北から来る武田家に対する押さえとして、北条家が相当の手を入れていたと思われるからです。特に、善福寺曲輪下の枡形状遺構(屈曲スロープ型枡形虎口か)、また、西に続く畝堀は北条家の得意とするものです。搦手道は現行の登攀路とは異なり、北端の大堀切と前述の枡形遺構をうまく使った防御が施されていたものと推測されます。
大手道は創築した今川家のものを踏襲し、西にあります(多分)。西の谷あいには、現在、農地となっている大きな二つの曲輪とそれを取り巻く削平地群があり、おそらく居館のようなものもここにあったと思われます。ただし農地として、かなりの改変が加えられていますので、明確なルートは不明です。
石垣は、写真にあるように野面積みで腰巻です。思った以上にしっかり残っていますので、石垣数寄にはたまらないはずです。この石垣も、北の守りを重視して造られていますので、北条家の手になるものでしょう。
惜しむらくは東名高速の工事で低地部の遺構が破壊されている点です。ほかの残り具合からして、東名のルートを少し変えてくれるだけで、この貴重な城郭遺構が完存できたことを思うと残念でなりません。
ということで、次回は久能城です。
写真は、枡形状遺構、腰巻石垣、善福寺曲輪から富士山を臨む。

蒲原城縮小1


蒲原城縮小2

蒲原城縮小3
スポンサーサイト

2010-01-05

ウィキペディアに載りました

新年早々、エゴ・サーチをしていて発見しました。
「いつかは」と思っていたものの、まさかこんな早くウィキペディアに載るとは思いませんでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E6%BD%A4

たいへん光栄であると同時に、気を引き締めていかねばならないと思っています。
どなたが記述いただいたのかわかりませんが、しっかりと最新の履歴までチェックして書かれていらっしゃるので、感服いたしました。
特に「その作風はビジネス指南的な要素の少ない、本格的な歴史小説である」というくだりは涙ものです。拙著をしっかりと読んでいただけたようですね。
なお、あまり語ってはおりませんでしたが、ここに書かれている通り、若い頃、私はウインドサーフィンにのめりこんでおりました。レースの実績は他にもいろいろあるのですが、レースよりも三浦の津久井浜をホームゲレンデに、関東・東海一帯の海や湖を所狭しと暴れ回ったスラローマー(ショートボード)の頃の方が思い出深いものがあります。
すごく練習したので、テクは凄かったと思います。その分、サーファーとして、いい思いはしてこなかったかな(笑)。
いずれにしても、これを機に、いっそう精進していきたいと思っております。

2009-12-25

勝頼出陣!& 「小説宝石」の挿絵について

唐沢山城縮小版

クリスマスも終わり、いよいよ年末モードですね。
さて、おかげさまで、本日は『武田家滅亡』文庫版がいよいよ出陣です。
皆様方のご支持を受け、ようやくここまできました。後は、この作品が後世に残るべきものか否か、天の判断を仰ぐだけです。もちろんそれは、作家としての私の存在価値を問われるものでもあります。
さて、一方の「小説宝石」連載の短編『見えすぎた物見』についてですが、こちらも友人お二人から、ご満足いただけたとのメールをいただきました。
 さて、そこで、たいした問題ではないのですが、挿絵がちょっと気になりました。絵そのものについては何の文句もないのですが、物見台から見えている光景のイメージを読者が取り違いかねませんので、天狗岩から見える実際の写真を添付させていただきます。
渡良瀬川までは四里あります。
ということで、写真はTONOさんからいただきました。ありがとうございました。
唐沢山城に登った四年前、私はデジカメを持っていなかったためです(笑)。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

2009-12-15

【推薦図書】『滝山城戦国絵図 中世城郭のからくり』

よみがえる滝山城

滝山城戦国絵図

『よみがえる滝山城』に続く中田正光先生の第二弾です。『よみがえる滝山城』は、新宿のジュンク堂で五冊まとめ買いして、城めぐりでお世話になった方々に配ったほどうれしかったのですが、『滝山城戦国絵図』はさらにその上を行くほどの面白さです。
『よみがえる~』は、滝山城の歴史背景や滝山城と同じ大石氏系城郭である根小屋城と高月城についてもページを割いていましたが、こちらは滝山城だけに絞った内容です。しかも、最新調査結果を元とした縄張りの詳細説明がメインです。イラストも豊富すぎるくらい豊富で、想定される攻防戦の経緯が描かれているので、戦国合戦ファンは涙モノでしょう。季節ごとに咲く花々の図鑑まであり、奥様と一緒に城めぐりをなさるシニアな方々にとっても助かるでしょう。
中田正光先生といえば、すでに古本でしか入手できなくなった有峰書店新社シリーズの『埼玉の古城址』『秩父路の古城址』『戦国武田の城』に胸を熱くした方は多いでしょう。私もその一人です。もちろんこの三冊とも持っています。
この中田先生のシリーズを押さえることは基本ですが、この『滝山城戦国絵図 中世城郭のからくり』『よみがえる滝山城』と同じ揺籃社シリーズの前川實先生著『決戦八王子城』、椚國男先生著『八王子城みる・きく・あるく』と合わせてお読みいただくと、さらに氏照のことがわかります。


決戦!八王子城

もちろん、こうした参考書を読んでから拙著『北条氏照 秀吉に挑んだ義将』(PHP研究所)を読むと、さらに、氏照に対する理解が深まると思います。
 来年も氏照が熱いぞ!


氏照ビッグ帯つき

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

2009-12-06

八王子城オフ【復刻版】

2009年2/21(土)、八王子城オフが開催された。参加者は三十三名という大人数である。
10:00に集合した参加者は三班に分かれて出発した。私は第一班を率いて、10:20頃、「霊園前」に到着。まず、大手門と推定されている御霊谷門の辺りを説明。

【ポイント1】
八王子城の大手門は上ノ山の南麓の御霊谷門と推定されている。バス道と城山川の交錯点(バス停やや手前)には、赤門堂という屋号が残り、ここが大城戸口と推定されている。つまり、そこが御霊谷門らしい。その屋号から、御霊谷門は朱塗りの大門だったらしく、御霊谷川の左岸に、食い違い虎口、内枡形などを伴いつつ、堂々と鎮座していたものと想定される。門を守るように赤門堂、上ノ山、番屋曲輪が連なっていた姿は圧巻であったろう。

続いて、バス道の反対側に出て多摩霊園を見学。ここからは霊園を隔てた東側の梶原谷戸が臨める。氏照ばかりが有名だが、実はこの地は、鎌倉時代はかの梶原景時の所領だった。また、ここからの深沢山の風景は絶景であるだけでなく、上ノ山から太鼓曲輪まで、全体像が掴みやすいので、ここからお連れするといいという前川先生のアドバイスがあった。ここからだと、上ノ山の北側が中央高速で煙滅しているのがはっきりとわかる上、城域の広大さも掴みやすい。
やっと集合場所の宗閑寺に到着、史料配布や自己紹介をしているうちに時間は過ぎていく。やや焦りつつ、飯田さんのお宅に声をかけてから、その背後の中宿門を太鼓曲輪から守る何段かの削平地を見学。ここは上にも曲輪があるが、時間もないので、今回は下の段だけの見学となった。続いて、横地土手を入口部分だけ見学。

【ポイント2】
 八王子城の大手道は上の道と下の道に分かれる。大手道として下の道を造った後に上の道を造り、大手道としたらしい。上の道は現在の舗装道路ではなく、太鼓曲輪北側中腹を縫っていた。幅は八メートルもあり、戦前までは生活道路として使われていたという。この道は大八車も通れ、戦前は駄菓子の引き車を引いたおばさんが、この辺りまで売りに来ていたという話を、以前に飯田さんのお爺さんから、直接、聞いた(椚さんの本にも出ています)。一方、下の道は城山川左岸沿いとなる。この道は、下級家臣の登城道兼物資の搬入口と推定されている。つまり、太鼓曲輪は上からこの二つの道を横撃できるように東から西に広がっている。

【ポイント3】
 宗閑寺の折れ、横地土手、飯田さん裏の曲輪群により、ここから西が八王子城の中核部分であり、ここで敵を防ぐという構想があったことは明白である。この辺りに中宿門があったと推定され、ここで馬場但馬守という武将が守兵もろとも玉砕したとのこと。大手方面の戦いでは、横山口で多少の小競り合いがあったものの、大規模な戦闘はここから始まったとされる。乳白色の霧の中、突如として湧き上がった喊声に、山頂曲輪の武将たちは何を思ったのだろうか。

【ポイント4】
 この辺りは城山川の流れが不自然に曲がっている。これは「曲げられた」という説が有力。つまり、川の流れを屈曲させることにより、守備方は守備面を広く取れ、攻撃方は姿を晒す時間が長くなるという仕掛けである。直線だと、横矢が掛かるだけで、ダッシュされると突っ切れるが、曲げることで、ダッシュを防ぎ、確実に獲物を捕らえるというキルゾーンの基本である。城造りは「面」と「時間」の捉え方である。城造りというのは、実に奥が深い―。

 続いて、近藤曲輪を横目で見つつ、管理事務所前で休憩後、御主殿方面へ出発した。
 以前、駐車場さえなかった八王子城だが、百名城のブームで、三十台は入れる駐車場ができていた。まさに隔世の感がある。
 山麓曲輪群は、東から近藤、山下、あしだ曲輪の順に設けられている。近藤曲輪はかつて造形大学があったため、破壊されており、見るべきものはない。管理事務所から奥に入った場所に山下曲輪があるが、こちらには見事な土塁が残っている。
 城山川を右岸に渡り、いよいよ大手門広場である。わかりにくいが、外郭のメインの入口を横山口、内郭の入口が御霊谷門、そして、城の中核部への入口がこの大手門である。
 大手門広場はかなり広い。東端に土塁があり、その裏に掻き下ろしがある。これは道を狭める目的で、あえて削られている。そこから奥に上の道が続く。
 大手門広場からいよいよ引橋へ。曳橋とも書くが、これだけ巨大なものをいかに引くのかずっとわからなかったが、どうやら、中の橋板だけを引き上げるか、半分だけ引き上げたという論考を見つけた。なるほど―。
 この橋は、実は斜めに掛かっていた。つまり、横矢が掛けやすいようにしてあったらしいのだ。ところが、橋台を見つける前に再建してしまったので、今の位置になったという。別の説では、わかっていたけど、橋台の跡を破壊しないために、あえて横につけたという。さて、どっちが真実なのでしょう。
 そして、九十度の屈曲が二度続く、見事な石造りの虎口である。これが八王子城の見せ場となる。この時代の石垣は、技術が未発達で崩れやすいため、最も下側の石を少し前に出していた。これが顎石である。
 虎口の途中にある四脚門の柱跡やこげ跡などを見つつ登る。この石段は台形を逆さにしたように、上側が広く、下側が狭い。これは、言うまでもなく、守備方に有利に造られているからである。

【ポイント5】
引橋を斜めに掛けて、横矢を掛けやすくする
【ポイント6】
顎石で石垣を崩れにくくしている
【ポイント7】
守備方が守りやすくするために、虎口上部が1mばかり広く取られている。横に広がって突入してくる人数が六人であれば、守備方は八人を配置できる。
ということで、いよいよ御主殿にへ。

冠木門をくぐり、御主殿曲輪へ入る。右手傍らには、下の道から続いてきた下級家臣の登城道兼物資の搬入口<勝手門>がある。花かご沢を渡る小さな橋も架かっていたらしい。ここは御主殿曲輪守備の要諦であり、二階櫓クラスの構造物が設けられていたらしい。また、発掘の結果、対岸から矢の届く手前側には、櫓跡以外の建物がなく、氏照の的場や広場となっていたらしい。これは延焼を防ぐためである。続いて、御主殿から下り、滝を見学。この滝は以前より、霊現象で名高い場所である。しかし、ここで死んだ男も女も覚悟ができている者ばかりで、そんな女々しい奴は一人もいないはず。それが戦国に生きる者の掟である。

【ポイント8】
 城山川の左岸道は後に林野庁がつけたものであり、当時はなかった。つまり、水くみ堤を設けて、御主殿から水を汲んでいた模様。水くみ堤は、林野庁のつけた道路のため、切り崩されていて、橋台のように見えるから要注意

 いったん御主殿に戻り、今度は奥殿に向かう。ここは、趣味人の氏照クンらしく、蔵という説もあるが、氏照クンのプライベートエリアという説が有力である。つまり、御主殿曲輪は、<ハレ>=御主殿と<ケ>=奥殿という設計になっていた模様。その最西端を示す縦石垣を見学後、いったん御主殿に戻り、西北沢石垣群に入る。
 少し登ると、すぐに最下段の石垣が見えてくる。合わせて四群ある。こちらの石垣の状況は以前と変わらない。顎石がはっきりとわかる。この石垣群こそ、八王子城のハイライトの一つである。詳細のスペックが知りたい方は、椚国男先生の「戦国の終わりを告げた城」を購入いただきたい。すでに廃刊なので古書となるが、古書でも定価より安い今がチャンスである。
 かなり厳しい登り道を踏破し、山王台に到着。山王台こそ、やや北にある柵門台とともに、戦国時代の終焉を飾る激戦を展開した場所である。前川實先生の論考では、前田利家、上杉景勝、真田昌幸隊は、ここで八時間ほど釘付けにされていたという。
 山王台を左手に入り、またしても厳しい道を登り、中の曲輪に到着。ここは、八王子合戦の最後の激戦地となった場所である。かの中山勘解由が家族を殺し、敵中に突入して討死した場所でもある。ここで昼食。
 最近、八王子市役所関連の研究家から、落城時に逃げたのは横地監物ではなく勘解由であったとの論考が出されたらしいが、私はどうかと思う。壮絶な討死を遂げたからこそ、家康は勘解由の子供たちを召抱えたのであり、また、それまでにもいくつか勘解由の武勇を示した古文書がある。桜井武兵衛家に伝わる筑波山攻めのものや、狩野一庵とともに三方ヶ原に手伝い戦で出向いたものなどである。ところが監物のものはない。こうした状況証拠から、監物はどちらかというと文官であり(廿里合戦の主将だが)、勘解由は典型的武官だったと思われる。
 さて、話は逸れたが、山頂曲輪群を後にして、炊井(かしい)を通過し、馬(こま)冷やし場へ。炊井の水はもう飲めないと聞いていたが、見た目は透明だった。トンネル工事が終わったからかもしれない。馬冷やし場の見事な堀切を見学後、詰の城へと向かう。

【ポイント9】
 当初、八王子城は西方の大敵武田家に対するものとして築かれた。そのため、馬冷やし場の堀切には、ここで絶対に防衛するという強い意志が感じられる。ここが破られれば落城必至だからである。しかし、ここから西の遺構は少ない。確かに詰の城など、見事な石垣が回してあるし、途中の道にも、投石用かこれから積むのかわからない石がごろごろしている。しかし、なぜかテクニカルな技巧がほとんど施されておらず、東側に比して寂しい気がする。つまり、最初のプランでは西側強化が命題であったが、武田家が滅んでしまった後は、安土城の情報も入ったりして、<見せる>要素が強まったプランに変更されたのではないか。むろん、東から迫り来る敵に備えるため、そちらの防御が優先されたことも事実である。城造りとは状況変化に対応していくことなのだ。

三十分ほど歩いて詰の城に到着。久々だったが、結構きつい道だった。詰の城から一気に下り、稜線沿いに築かれた見事な石垣を見学するはずであったが、前方から、かずさんの「ああ」という嘆き声が聞こえた。行ってみると、かつて見事に残っていた石垣がものの見事に崩されていた。唖然―。これもトンネル工事のせいらしい。確かに、以前、某霧隠氏(笑)と来た折、同行の女の子が落ちそうになって石垣を少し崩してしまい、「案外、もろいな」と感じていたので、連日、ドリルで下が掘られたことを考えれば当然である。小さな振動が重なり、あの見事な石垣がこの世から消滅してしまった。涙―。
 そこからさらに下り、最西端の曲輪へ。さすがにここまで来たのは二回目である。ここにも石垣がちらほら見える。少し戻って、奥棚沢の水平道の下道を通って馬冷やし場に戻る。

【ポイント10】
 水平道とはよくつけたもので、この辺りの道は上下に二つ造られている。つまり、下から来る敵を常に上から攻撃できるのである。どうしても下の道が見えない場所には、三段の馬蹄段が設けられている。別の場所には一段のものもある。城には道は必須であるが、下手に造ると命取りになる。管見の限り、他の山城では聞いたことはないが、二重の道とはよく考えたものである。

 山頂曲輪、小宮曲輪などを見学後、ハイキングロードを通り、柵門台へ。さらに金子曲輪と七段の馬蹄段、そして激戦地であった梅林を見学。梅が満開で見事だった。そして、山麓曲輪に出て、管理事務所前へ。さらに氏照墓所に参ろうとしたが、今回は通行止めとなっていたので断念。八王子城歴史資料館(笑)の前で、氏照の冥福を祈る。
 最後は高尾駅前の居酒屋で盛り上がった。私のテーブルは八王子城が初めての人が多かったが、それぞれ一家言あるつわものばかりで面白かった。信じ難いことに、二時間余、すべて城や武将の話で盛り上がれた。鹿沼城と壬生義雄を知っている人は何人いたかわからないが、脇坂安治、竹田城などの話で盛り上がり、最後は、一人の茶漬けがこなくて盛り上がった(笑)。私はその茶漬けがきたのかどうかを見届けずに、先に帰った。だって家が遠いんだもん。
 いずれにしても、幹事のかずさんのお陰でこれだけのイベントが開催できたことを心から感謝したい。かずさん、ありがとう。
さて、八王子城はこれだけではないのだ。御霊谷から太鼓曲輪で一日、搦手の松竹から入り、大六天から馬冷やし場に出るルートで一日。搦手滝めぐりで一日、浄福寺・小田野・心源院で一日かかる。いつの日か、ぜひフルコースをご堪能あれ。皆様のリクエスト次第で開催しようと、かずさんとは話し合っている。
最後に宣伝。四月くらいに某大手出版から『北条氏照』を文庫で出します。この作品は、八王子城と八王子合戦の最新の研究成果を反映させると同時に、「天地人」の上杉家礼賛に真っ向から対峙すべく、徹底的に<ぶれない男>氏照を描ききっています。
世の流れに要領よく立ち回り、家を残すことにどれだけの価値がありましょう。秀吉に尻尾を振り、生き残った武将ばかりがもてはやされる昨今、堂々と己の存念(理念)を貫き、幻の巨大城郭とともに歴史の大河の中に消えていった一人の男の生き様にこそ、今だからこそ、学ぶべきものがあるのではないでしょうか。
氏照と八王子城よ、永遠に―。

写真は、多磨霊園から眺めた八王子城遠景、松木曲輪を見学する参加者たち

多磨霊園からの眺め縮小版

八王子城松木曲輪縮小版

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。