--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-25

勝頼出陣!& 「小説宝石」の挿絵について

唐沢山城縮小版

クリスマスも終わり、いよいよ年末モードですね。
さて、おかげさまで、本日は『武田家滅亡』文庫版がいよいよ出陣です。
皆様方のご支持を受け、ようやくここまできました。後は、この作品が後世に残るべきものか否か、天の判断を仰ぐだけです。もちろんそれは、作家としての私の存在価値を問われるものでもあります。
さて、一方の「小説宝石」連載の短編『見えすぎた物見』についてですが、こちらも友人お二人から、ご満足いただけたとのメールをいただきました。
 さて、そこで、たいした問題ではないのですが、挿絵がちょっと気になりました。絵そのものについては何の文句もないのですが、物見台から見えている光景のイメージを読者が取り違いかねませんので、天狗岩から見える実際の写真を添付させていただきます。
渡良瀬川までは四里あります。
ということで、写真はTONOさんからいただきました。ありがとうございました。
唐沢山城に登った四年前、私はデジカメを持っていなかったためです(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。