FC2ブログ

2010-02-22

小説宝石三月号が発売されます!

小説宝石2010三月号

お待たせしました。二月二十一日、小説宝石三月号が発売されます。今回は特集「春を呼ぶ時代小説」ということで、中村彰彦氏の新連載を初めとした気鋭の時代作家たちとの競作です。
そして、連載二回目となる今回の舞台は、すでに予告した通り、駿河国久能城です。
 タイトルは『椿の咲く寺』―。
 うら若き尼僧が主役ということで、いつになくしっとりとした雰囲気の時代小説テイストの濃いものになっています。とはいうものの、ラストの盛り上がりはいつものことですのでご安心下さい。一月号の『見えすぎた物見』とは、また違う世界をお楽しみいただければ幸いです。
 小説雑誌に連載できたことでよかったのが、ほかの作家さんたちの諸作品に接し、さらなるファイトがかき立てられる点です。中には、新進作家による気鋭の作品もあり、「負けてはいられない」という気持ちを強く持たせてくれます。
 出版業界の落ち込みと反比例するかのように、現在のミステリー作家たちのレベルは異常なまでに高くなっています。皆、これでもかというほど斬新な切り口で作品を繰り出してくるので、それに負けないものを送り出していくためには、相当の努力が必要です。
 歴史・時代小説家というのは、ある種の甘えがあって、「味わい」や魅力あるキャラで、ストーリー・テリング力のないことをごまかそうとする傾向がありますが、そんなことをしていたら、ミステリー系作家たちに置いていかれるだけです。歴史・時代小説家も、同じエンターテインメント系小説という土俵の上で、真っ向から勝負できる良質の作品を創出しなければならないと信じています。

 なお、またまたオフ会を開催します。場所は韮山城。開催日は3/13(土)です。もちろん参加費は無料(資料代のみ)。詳細が決まりましたら、またご連絡いたします。
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード