FC2ブログ

2010-07-02

ようやく一段落、しかし―

梅雨に入り、冴えない天気が続いていますね。くれぐれもお体に気をつけ、焦熱の季節に備えて下さい。
 さて、短編集と書き下ろし長編二作の発刊、プロモフィルムの発表、貫井監督との対談と短編『鯨のくる城』の小説宝石七月号への掲載と続き、この五月から六月まで、いろいろお騒がせしました。
 ようやく落ち着いてきましたが、今は息つくひまなく新作、コードネーム『Epitaph』の出陣準備に追われております。内容はご想像にお任せしますが、これは角川書店から出すことになりますので、『武田家滅亡』『山河果てるとも』同様の骨太な長編になります。
 早くて今秋には出せることになりそうです。
 本日は、五回の推敲を施した『Epitaph』を版元の担当者に送りました。これから、アドバイスをもらい手直しを施し、担当者が納得した時点で、校閲にまわしてもらい、校閲者のチェックが入り、ゲラとして原稿が戻されるという次第です。そして最終的な手直しを施し、出版の運びとなるわけですが、その最初のマイルストーンが終わり、今は一息ついています。
 ある種の達成感ですね。この何段階にも及ぶ達成感の積み重ねにより出版にいたるわけですが、モチベーションといえば、やはりこの達成感が一番ですね。それは、執筆段階前の調査期間から始まる長い旅路の到達点ですので、喜びもひとしおなわけです。
 さすがに今日はゆっくりします。
 そして、明日からまた別の戦いを開始します。
スポンサーサイト



プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード