FC2ブログ

2010-12-08

近況報告もろもろ

12/4の土曜は、新宿に出向き、貫井勇志写真展を見てきました。すでに押しも押されもせぬ風景写真家の第一人者になった貫井クンの写真展は、実に見ごたえがあります。
お近くの方はぜひお越し下さい。

http://www.cinemaforce.net/news.html#2010_11_18_01

12/5の日曜は、前川實先生に誘われ、八王子城の慰霊祭「山上のつどい」に行ってきました。これが十五回目だそうですが、区切りのいい十五回で、いよいよ慰霊祭も終了とするそうです。私は、慰霊祭には初めての参加でしたが、同じメンバーが主催する「八王子城とオオタカを守る会」には、幾度となく参加しているので、顔見知りも多くいます。ただ、私が初めて参加した六年前にはいらした重鎮の方々も随分とお亡くなりになられたようで、時の流れを痛切に感じました。
今回の収穫と言うと、前川グループの若手に、銃弾の跡が付いた石をいくつか見せていただけたことです。もちろん拾わずにその場に置いてきましたが、最も鮮明な跡が付いていた石が、その場からなくなっていたとのことで、とても残念に思いました。発見者も血眼になって近くを探したのですが、遂に見つけられませんでした。おそらく誰かが持ち去ったのでしょうね。場所は搦手の方であり、激戦が搦手で行われて証左でもあり、持ち去ってしまっては、そうした史実も隠れてしまいます。

最近、発売された「戦国リアル」というMOOKに寄稿しました。私は「お勧め歴史小説」のコーナーを担当しました。洋泉社新書の執筆陣がずらりと名を連ねています。斎藤慎一先生も、なにげに八王子城と滝山城を紹介していたりします。内容もマニアックな上、DVDが付いてこの値段はお買い得です。できれば、「通説を斬る」のコーナーを一つ担当したかったですな。ネタはいろいろありますし(笑)。

戦国リアル1
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862486398/ref=s9_simh_gw_p14_d0_i1?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-3&pf_rd_r=1A31DT6E8A281P7QJN0K&pf_rd_t=101&pf_rd_p=463376776&pf_rd_i=489986
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード