FC2ブログ

2011-01-22

「小説宝石」二月号に新作短編『江雪左文字』が掲載されました

2月号小説宝石

1/22発売の「小説宝石」二月号に新作短編『江雪左文字』が掲載されました。
「時代小説の雄たち」という特集の中の一編です。
この作品では、関ヶ原合戦前夜における板部岡江雪の暗躍を描いています。
詳細はコチラ


http://www.kobunsha.com/shelf/magazine/current?seriesid=104001

戦国時代の城をテーマとしたこの連載シリーズも、これで五編となりました。
分量的にも、十分とのことで、このシリーズはこれでまとめさせていただき、単行本化されます(時期未定)。
ちょうど一年にわたる今回のシリーズをまとめてみると、


『見えすぎた物見』 唐沢山城
『椿の咲く寺』 久能城
『鯨のくる城』 下田城
『城を噛ませた男』 鉢形城
『江雪左文字』 伏見城 & 関ヶ原合戦


という感じになりました。
連作を書こうと意識せずに書いたものだっただけに、中には、お城中心でないものもありますが、それはアイデア優先ということで(笑)。
これで当面、アイデア・ストックがなくなってしまいました。最近は引き籠り気味で、城めぐりしていないのがいかんですね。
ということで、実は本日、小田原城大外郭オフの案内役を務めます。参加50名超えという未曽有の大オフとなりました。
報告は、後日いたします。
スポンサーサイト



プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード