--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-02-25

新作情報第二弾!『戦国鎌倉悲譚 剋』

『戦国鎌倉悲譚 剋』カバー(帯つき)

昨年末、「KENZAN! Vol.13」において発表した『戦国鎌倉悲譚』が、2/24、講談社から四六版ハードカバーで発売されることとなりました。
あらためて付けさせていただいたタイトルは、『戦国鎌倉悲譚 剋』です。
ここまで講談社から出してきた本は、メインタイトル一字で「首」「惨」でしたので、それにちなんで一字タイトルといたしました。ただし今回は、短編集ではなく長編となります。
この「剋」というメインタイトルは、「下剋上」の「剋」と思われがちですが、「相剋」から取りました。一字タイトルにこだわらなければ、「修羅の相剋」とでもしたかもしれません。主人公が何の相剋で苦しむのかは、読んでからのお楽しみです。

作品内容については、あらためてホームページ等で触れさせていただきますが、常以上に登場人物の内面描写に力を入れた作品となっております。
作風が、より古典的文芸作品に近づいた感はありますが、得意の合戦シーンの迫力は従前と変わらぬものとなっておりますので、ご心配なく。
今回の趣向は、古典的純文学のフォーマットを踏襲した歴史小説、または古典的純文学と歴史小説の融合です。昨今の純文学の多様性には瞠目すべきものがありますから、古典的と付けさせていただいておりますが、要は心理描写に力を入れた歴史小説です。
そういう作品であるため、リーダビリティを何度もチェックしたのですが、よほどの歴史小説初心者を除けば、一気読みできると思います。
読者の皆様方におかれましては、今回もご購読いただけますよう、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。