FC2ブログ

2011-06-25

プログレッシヴ・ロック・フェス2011

プログフェス2011

https://www.lacittadella.jp/club/t02_455/contact.php

8/28(日)日比谷の野音で、プログレ親父待望のイベントが開催されます。
まさに親父のためのフジロックですね。
すでにチケットも購入しました。家内と行く予定です。
出演バンドはカンサス、ウイッシュボーン・アッシュ、そしてPFMの3バンドです。
いやー、すごいラインナップですね。どれも大好きなバンドです。
ウイッシュボーン・アッシュは高校生の頃、サンプラザに二回行ったきりですから、実に三十三年ぶりです(年がばれる)。
ただ、オリジナルメンバーで残っているのは、ギターのアンディ・パウエルだけなので、やや寂しい気がします。
ツインリードの奏でる透明感溢れるサウンドが売りです。
『百眼の巨人アーガス』というアルバムは、何回聞いたか分からないほどです。
PFMは2002と2006の二回、クラブチッタで見たので、五年ぶりです。
PFMは、最も好きなバンドの一つなので、久方ぶりの公演にわくわくしています。何と言っても、オリジナルメンバーが、ほとんど残っているのがいいですね。
野外ということで、音響的には厳しいかもしれませんが、あの壮大なサウンドが東京の夜空に響くことを想像するのは、また楽しいものです。
昨年から今年にかけて、せっかくマウロ・パガーニ、アレアとチケットを買ったにもかかわらず、来日中止が相次ぎ、ここのところイタリアンロック親父としては寂しかったのですが、久方ぶりに爆発できそうです。
カンサスは初見です。
シンフォニックさとアメリカ的なおおらかさが融合した音楽性が魅力です。
ということで、じじいになっても、ロックとは縁が切れそうにありません。
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード