FC2ブログ

2011-08-02

Point of no return

この七月末、遂に自らの会社の清算結了が終わり、完全な専業作家となりました。
二十二歳の時から三十年近くIT業界に身を置いてきたので、さすがに感慨深いものがあります。
ここ二年、事実上、専業作家ではあったものの、株式会社を持っていることで、いつでもIT業界に帰れるという気持ちがあったことは確かです。コネクションも維持していますし、景気がよくなれば、間違いなくコンサルタントの仕事はあるものです。
しかも年間七万円の地方税を払えば、会社は維持できたのですが、不退転の覚悟をすることも大切だと思い直し、あえて退路を断ち、会社を畳みました。
これで完全に、魑魅魍魎の闊歩する文芸長屋に住みつくことになりました。この長屋から出て一軒家に住める(ベストセラー作家になれる)のは五百人に一人くらいな上、この長屋に住み続けることすら容易ではないので、たいへんな決断をしたと、自分で思っています。
IT業界(厳密にはERP/SCMソリューション分野)で、徐々に地歩もを築いてきただけに、それを捨て去るのは惜しい気もしましたし、中学生と小学生の子供二人を抱えている身としては、リスクを取りすぎているのかもしれません。
しかし人たるもの、安全運転だけが幸せな生き方とも思えません。
志を世に問うてこそ、この世に生まれた意味があると信じています。
まさに今、「不帰(かえらず)の海」(Point of no return)へと漕ぎ出した心境です。

ということで、もうすぐ来日するKANSASで、「Point of no return」
http://www.youtube.com/watch?v=60A1yKc2hi4
スポンサーサイト



プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード