--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-27

推理作家協会ソフトボール合宿

1.jpg

9/25-26と軽井沢で開催された推協ソフトボール合宿に参加してきました。
推協では、ゴルフ、麻雀、囲碁、勉強会などの催しを行っており、会員相互の交流と技術の向上を目指しているそうです。
「作家がソフトボールうまくなってどうするんだ」という声が聞こえてきそうですが、これも「楽しく健康管理」ということなのだと思います(多分)。
直木賞作家の逢坂剛先生がリーダーを務める推協ソフトボール部ミステリーズは、すでに十年の伝統がある強豪チームです。その栄光のチームに参加させていただくことになり、数日前より緊張していました。
まさに合同トライアウト状態なオデ。
朝八時に文春前に集まり、横川で釜飯を食らい、大型バスで軽井沢風吹公園グランドへ。
途中、バスの運ちゃんが何かの用事で本部に連絡していましたが、「日本サッカー協会じゃなくて、日本推理作家協会。いや、推理サッカーじゃなくて――」
というのが笑えました。
二日で四試合行いました。
対戦相手は、常にエディターズという各出版社からの選抜チームです。
常に十五点~二十点勝負になるそうで、この日も派手な打撃戦が展開されました。
でもエラー続出ということではなく、ソフトなので撃ち合いが凄まじいのです。
中には、朝からビール三本飲んでいても、八割ほど打つ人もいました。
多分、二日間四試合で十打数八安打くらい…。
それもほとんどがライナーでのヒット。
いくらソフトでもすごいと思いませんか。
私は十打数五安打七打点二ホーマーといったところでした。
さすがに三ホーマー打った人はいませんでしたが、二ホーマーは四人くらいいましたので、たいしたことはありません。
いつも使っていない筋肉を使ったので、今日は筋肉痛がひどいです(トホホ)。
スポンサーサイト
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。