FC2ブログ

2011-10-13

最近、売れています(笑)

「歴史人」11月号が出ましたね。
今回は江戸特集ということで楽しみにしていたのですが、期待に違わぬ内容です。
まさに「これ一冊」で「江戸が分かる」ということで、いつものことながら抜群のコスト・パフォーマンスですね。
また、私の受け持つ「城を攻める 城を守る」のコーナーで取り上げたのは、高天神城。
この類希なる付城合戦を、当時の政治情勢を踏まえて多角的に捉えています。

http://www.rekishijin.jp/

さて、おかげさまで、ここ最近、拙著の売れ行きが、めっきりよくなりました。
『黒南風の海』は、版元であるPHPさんの英断で、いつもより多めに刷ってもらえたのですが、三カ月で80%クリアというほど好調です。
多く刷れば、流通在庫も増え、本屋さんに出回る数も多くなり、好循環になるのですね。
逆に玉数が少ないと、どうしてもチャンスロスしてしまうというわけです。
とくに中高年のビジネスマンをターゲットとした私の作品傾向では、大手の本屋さんに置いてあるかどうかは死活問題です。
この業界の仕組みがよく分かりました。
遠慮して「初版は少なめに」なんて言っていると、逆に墓穴を掘るわけです。
初版から「大盛り」にすれば、おかわりもどんどんできるというわけです。

文庫ですが、『戦国無常 首獲り』も、たいへん順調です。
こちらも、講談社さんの担当ががんばり、めいっぱい刷ってもらったので、重版の声はまだですが、十分に合格点を叩き出しています。
今まで『武田家滅亡』と『戦国鬼譚 惨』の三刷りが自己最高記録ですが、『黒南風の海』はそれを上回りたいものです。
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード