FC2ブログ

2011-10-18

『城を噛ませた男』本日発売!

城を噛ませた男カバー

10/18、いよいよ『城を噛ませた男』が光文社から発売されました。
新作六作を出した今年の最後を飾る短編集です。
歴史小説ファンの喜ぶツボを抑えつつ、最新の小説技法を取り入れて、さらにラストでは、「どんでん返し」か「カタルシス」を盛り込みました。また「歴史小説は現代社会の写し鏡である」というテーゼに則り、各短編では、とくにそうした点も意識しました。
読者の求める「あらゆる要素」に気を配った作品集だと胸を張れます。
読書経験が浅い方には、単に「面白かった」という感想しかないかもしれませんが、ベテラン読者には、「なるほど、よく考えてきたな」と思っていただけるでしょう。
「簡単にミドルシュートを打たずに、ボールを裏に出してきたな」なんてことに気づいてくれればうれしいです。

また今回は、自由度の高い短編集ということもあり、様々な趣向も凝らしました。
長編ではなかなかできないことも、短編では思い切ってできるので、構想を練るのが楽しいです。
同じ短編集でも、『戦国無常 首獲り』と『戦国鬼譚 惨』と異なるのは、剽けた味わいを多く盛り込んだ点です。
小説で笑いを取るのは、たいへん難しく、多くのユーモア小説が陳腐で面白くないものとなってしまう点からも、よく分かると思います。
とくに歴史小説分野では、笑いを取ろうとすればするだけ、悪循環に陥りがちです。
さりげないユーモアを盛り込むのに成功しているのは、唯一、司馬先生だけですね。
この「剽けた味わい」をマスターすることが、いかに困難か…。
その極意をマスターするには、司馬作品を繰り返し読むか、面白いと思った箇所を書き写すしかありません。
今回は、亡き師匠の技を一つマスターした気がします。
また一歩、近づけたかな(笑)。
スポンサーサイト



プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード