FC2ブログ

2012-01-17

丹波殿、鯨に乗って御出陣!

「ラジカントロプス2.0」、聴きました(笑)。
豊崎社長にこき下ろされなかったどころか、褒められていたので胸を撫で下ろしました。
まあ、「それでも受賞となると…」というのは当然です、はい。

ということで、これから出陣します。
家内と「フェルメールのラブレター展」を見てから、「待ち会」で吉報を待つことになります。
「フェルメールのラブレター展」に行くのは、「よい知らせを受ける」というゲン担ぎですね(後付けですが)。
「待ち会」とは、賞の結果が発表されるのを、各社の編集者の皆さんと一緒に待つ会のことです。
受賞となった時、すぐに発表会場である東京會舘に駆けつけられるよう、近くで飲むのですが、万が一、受賞ということもあるので、あまり飲まないようにせねばなりません(笑)。
私は昨年の吉川英治文学新人賞の待ち会に続いて二度目です。
今回は、来ていただける編集者の方が去年の倍くらいおられるので、受賞できなかったら申し訳ないという気がします。
ただ、応援してくれる方が一緒に結果を待ってくれるというのは、実に心強いですね。
そりゃ、取れるものなら初回で取りたいですよ。
後になればなるだけ、プレッシャーがかかりますからね(笑)。
ということで、「時代小説大賞2011」を取った時のゲンを担ぎ、You Tubeで「Eye of the Tiger」を聞いてから出陣します。
いい年こいて馬鹿だな、オデ(笑)。
合言葉は「Against the all odds (すべての予想に反して)」!
スポンサーサイト



プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード