FC2ブログ

2012-03-14

講演会のご案内

取り急ぎ、ご案内まで。


水戸幕末の歴史~今につながる歴史を学び、新しい水戸を考える
伊東潤先生(新潮社「義烈千秋 天狗党西へ」の著者)特別講演会と座談会
「今に繋がる幕末の水戸の歴史を考える」のご案内

今も多くの人を魅了する幕末水戸の大事件、天狗党の苦難と戦いの軌道を描き切った歴史巨編。第146回直木賞ノミネート作家、伊東潤先生の渾身の作品、今年1月に新潮社より刊行された最新作「義烈千秋 天狗党西へ」が全国的に話題になっています。
幕末の水戸に生き、歴史に翻弄されながらも命がけで日本のために尽くした純な男たちの物語です。この本に触れることで、幕末の水戸に思いを馳せ、志を持って義を貫いた男たちの魂が今の水戸に脈々と繋がっていることを感じることのできる、まさに時代小説の傑作です。
つきましては、伊東潤先生に作品にまつわるエピソードと歴史小説の面白さについて語って頂く特別基調講演会と、作品を通して浮かび上がる幕末の水戸を振り返り、そこから繋がる新しい水戸の歴史と街づくりを考える座談会を伊東潤先生を囲んで開催いたします。つきましてはご多用のところ誠に恐れ入りますが、お繰り合わせの上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。
平成24年3月吉日

 主催 ;『桜田門外ノ変』映画化支援の会
 共催 ;茨城県立図書館       
 後援 ; ブックエース・川又書店

                        記

 日 時  3月20日(祝)13時00分 開会(受付は12時30分から)*参加無料
 場 所  茨城県立図書館 視聴覚ホール(水戸市三の丸1丁目5-38)
 内 容  ⑴ 基調講演「歴史小説のおもしろさ」13:00~13:45
講師:作家 伊東潤先生
      ⑵ 座談会 13:45~14:45
           コーディネータ:中村 睦氏(新潮社文芸第三編集部副編集長)
           パネリスト:伊東 潤 氏(作家)
                 室伏 勇 氏(幕末維新水戸有志を偲ぶ会会長)
                 久野 勝弥 氏(水戸史学会副会長)
三上 靖彦 氏(茨城の暮らしと景観を考える会代表理事)
      ⑶ 質疑応答 14:45~15:00
※お問い合わせ先:伊東潤特別講演・座談会事務局(ブックエース本社)電話 029-305-6200
スポンサーサイト



プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード