FC2ブログ

2012-10-12

「ライバルの光芒」の収録に行ってきました。

加藤清正
加藤清正の肖像

10/9、表参道のテレビマンユニオンまで「ライバルの光芒」第四回「加藤清正VS小西行長」の収録に行ってきました。
本格的なテレビ番組への出演は、これが初めてとなります。
この番組は、歴史上のライバルと思われる人物二人に、それぞれ弁護人がつき、どちらが真の勝者かを競い合うという趣向です。
実際は負けていても(または引き分けていても)、「こう考えれば、こちらが真の勝者だった」というのは面白い趣向だと思います。
今回は小西行長を童門冬二先生が、加藤清正を私が弁護し、それを高橋英樹氏がライバル奉行として裁くという布陣です。
私に声がかかったのは、『黒南風(くろはえ)の海 加藤清正「文禄」慶長の役』異聞』という作品があったためです。

スタジオに入る前に簡単なメイクを済ませ(もちろん初めて)、司会進行役の加藤シルビアさんと少し歓談しました。シルビアさんは絶世の美女ですが、とても気さくな方でした。
その後、会議室に移り、ディレクターと打ち合わせしていると、高橋英樹氏と童門冬二先生が登場。早速、打ち合わせ開始。
トントン拍子に段取りが進むので、さすがの私もプレッシャーを感じつつスタジオへ。
どうなることかと思いつつも、打ち合わせしながら収録が進むので、次第にリラックスできました。
いつものことですが、最後の方は「もっとしゃべりたい」という状態(爆)。
内容的には、かなり面白くなったはずです。
勝敗は見てのお楽しみ。
歴史と小説に関する番組には、これからもオファーがあれば、どんどん出演していきたいと思っています。
関東での放送日時は以下になります。

10/24(水) 22:00~23:00 BS-TBS
「ライバルの光芒」第四回「加藤清正VS小西行長」

http://w3.bs-tbs.co.jp/rival/
スポンサーサイト



プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード