--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-02-24

『国を蹴った男』が第34回吉川英治文学新人賞候補となりました

国を蹴った男カバー(帯なし)

第34回吉川英治文学新人賞候補作が発表されました。
候補5作は以下になります(敬称略)

有川浩『旅猫リポート』(文藝春秋)
伊東潤『国を蹴った男』(講談社)
月村了衛『機能警察 暗黒市場』(早川書房)
畠中恵『けさくしゃ』(新潮社)
畑野智美『海の見える街』(講談社)

おかげさまで『国を蹴った男』が、一昨年の『戦国鬼譚 惨』に続き二度目の候補となりました。
これもひとえに読者の皆様のおかげです。
直木賞を逃したにもかかわらず、『国を蹴った男』は様々な場で軒並み好評を博しており、まさに読者の皆様に押し上げられた格好になりました。
2012年の前期・後期を通じて、直木賞落選作で吉川新人賞候補作品となったのは、『国を蹴った男』のみとなりました。
昨年の『ジェノサイド』と『ラブレス』の例を挙げるまでもなく、直木賞落ちの作品が吉川新人賞を受賞することは、極めて難しいのですが、こうした復活の機会をいただいたからには、読者の皆様方の期待に応えたいという気持ちでいっぱいです。
「今度こそ」という思いを胸に、選考会の結果を待ちます。
決定は三月四日になります。
直木賞のように大々的に報道されませんが、応援よろしくお願いします。

スポンサーサイト
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。