--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-01-30

『武田家滅亡』三刷へ!

武田家滅亡文庫版カバー3

2009年12月に刊行された『武田家滅亡』文庫版が、遂に三刷となりました。
この作品は私の実質的デビュー作で、2006年の執筆時、渾身の力を込めて書いたものです。
ハードカバーも三刷まで行きましたが、このほど文庫版も三刷となりました。
やはり歴史小説は消耗されるものではなく、ロングライフなものだと、つくづく思います。
最近、私の作品を知った読者は、私のことを「短編を得意とする作家」という認識かもしれませんが、実は典型的な長編作家です。
長編の場合、構成の妙が問われますが、この作品では、その点を余すところなく堪能いただけると思います。
群像劇というものは、全く異なる路線を走っている列車が、徐々に統合されていき、最後は一点に絞られていくものですが、そのお手本のような構成になっています。
まさか史実の縛りのきつい歴史小説で、それができるとは思いませんでした。
言うまでもなく、かなりの部分で編集さんの指導を仰ぎましたが(笑)。
また、よく私はロックを例に持ち出すのですが、まさにこの作品は、静かなバラード調で始まり、ラストに向けて演奏が疾走するというツエッペリンの作風を踏襲したものです。
ロックのグルーヴ感というものを小説に取り入れられるとは思ってもみませんでした。
もう、ここまで知力と体力を振り絞ったの大作は書けないかもしれません。
これを機に、この作品を手に取っていただければ幸いです。

また、この前史的位置付けの作品『天地雷動』という長編を、四月に出します。
この作品は、長篠合戦をクライマックスに持ってきた怒濤の合戦絵巻ですが、その前に『武田家滅亡』を読んでいただいても全く問題ありません。
歴史小説ですから、結果は分かっているわけで、いかにプロセスで楽しんでいただけるかですからね。
また『武田家滅亡』と関連の深い『北天蒼星』も、よろしくお願いします。


北天蒼星(文庫カバー1)
スポンサーサイト
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。