FC2ブログ

2014-01-10

『峠越え』本日発売!

『峠越え』カバーやや大

お待たせしました。
『峠越え』が本日、発売されました。
徳川家康を主役に据えた久々の長編小説です。
帯にも書いてありますが、徳川家康の小説は、司馬遼太郎さんの『覇王の家』、山岡荘八さんの『徳川家康』、そして隆慶一郎さんの『影武者徳川家康』など多々ありますが、今回は、それらのレジェンドに挑むというより、「こんな家康もいますよ」という感じですね(笑)。
家康は狸親父でも、全人格的な賢者でも、男気のある正義漢でもなく、普通の人です。
それは、残された書状や事績を見れば明らかなことです。
その前提で、どこまで面白い物語を紡げるか。
それこそが、作家のチャレンジだと思いました。
もちろん、家康や家臣たちのキャラだけで、私がラストまで引っ張るわけないのは、ご存じの通りです。
終盤に近づくと、例の大事件の真相が見えてきます。
正直、この仕掛けは、自分でもよく考えついたなと感心しました(笑)。

それにしても、このカバーはいかがですか。
世話物時代小説のような少し穏やかな雰囲気のカバーにしたのは、この作品が、いつもより肩の力を抜いてユーモア成分を多くしたためです。
いわゆるレイドバックですな(笑)。
まあ、それはいいとして、ここのところ気合十分な剛球ばかり投げていたので、たまにはチェンジアップを投げるのも悪くないかなと。
でも、しっかり三振は取りますよ(笑)。


『峠越え』帯付き小
スポンサーサイト



プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード