--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-29

『武田家滅亡』文庫版四刷決定!

武田家滅亡文庫カバー

『武田家滅亡』文庫版の四刷が決定しました。
三刷から一年半も経っているので、感慨もひとしおです。
この作品は私のデビュー作であり、また、その後の私の方向性を決した作品でもあります。
たくさんの人々の視点が混ざり合い、それが滅亡という一点に向かって収束していくという群像劇の典型のような話ですが、今更ながら、よくぞ拙い技術しかなかったあの頃、これだけの作品が書けたと思います(笑)。
その後、文庫版で大幅リライトしましたので、リーダビリティは格段に上がりました。
今回は『天地雷動』を読んだ後、『武田家滅亡』を買われた方も多いと思いますが、『北天蒼星』も、ぜひお読み下さい。


山河果てるとも文庫カバー

一つ寂しいのは、この翌年に出した『山河果てるとも 天正伊賀悲雲録』という作品が初版のままだということです。
この作品は、『武田家滅亡』と同じ群像劇で、伊賀の滅亡という一点に向かって収束していくところも同じような構成なのですが、ストーリーテリング力を存分に発揮できたという点では、『武田家滅亡』を上回る出来でした。
確かに武田家の方が、伊賀の国衆よりもはるかに著名ですが、誰が生きて誰が死ぬか分からないスリリングさもありますので、『武田家滅亡』を読み、伊東流群像劇が面白いと思われた方は、ぜひ、こちらも読んでいただきたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。