--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-26

2014を総括して

2014年も残すところあとわずかとなりました。今年もいろいろありましたが、とくに国際情勢は緊迫しましたね。大変な時代を迎えたものです。
さて、拙著を”購読”していただいた皆様には、心から感謝しております。
おかげさまで今年も、「生産性・多様性・安定性」という作家に必須の三要素を念頭に置いて、仕事をすることができました。
どれも代表作と言いきれるものばかり出せたので、達成感でいっぱいです。
今年、発売された新作は以下の通り。

1/09 『峠越え』講談社 
2/19 『城を攻める 城を守る』(研究本) 講談社 
4/ 9 『実録戦国北条記 戦史ドキュメント』(研究本) H&I 
4/23 『天地雷動』角川書店
7/ 9 『野望の憑依者(よりまし)』 徳間書店
10/22 『池田屋乱刃』(連作長編) 講談社
11/19 『決戦!関ヶ原』アンソロジーの一篇『人を致して』 講談社

あらためてこのラインナップを眺めると、今年も、よく仕事をしたなという一年でした(笑)。
様々なアイデアを絞り出し、あらゆる小説的技巧を駆使し、「Nothing left to prove(証明するものは、もう何もない)」というポリシーを貫けた一年でもありました。
また今年は、『巨鯨の海』が「第1回高校生直木賞」を、『峠越え』が「第20回中山義秀賞」を受賞しました。これは、たいへんな励みになりました。
「高校生直木賞」は、まだ知名度は低いですが、必ず本賞と同等の価値を持つ賞に成長すると思います。また「中山義秀賞」も同様の知名度の低さですが、二十周年を迎え、着実にプレゼンスを高めてきています。賞金は100万円になったし(笑)。
ランキングもので最も権威ある「この時代小説がすごい2015」においては、『天地雷動』が三位、『野望の憑依者』が十位となり、「票が割れても強い」という定評を守れました。
昨年の「この時代小説がすごい2014」では、『巨鯨の海』が一位、『国を蹴った男』が七位でしたので、やや順位を下げていますが、ベスト10内に再び二作を送り込めただけでも、大満足です。
このランキングは、十月から翌年九月までに発売された作品が対象となりますので、『池田屋乱刃』は来年に回ります。
また、九月に行われた日経新聞の「何でもランキング」で、「歴史・時代小説ベスト10」というものがありました。これは期間を絞らず、存命中の作家のベスト10というくくりでしたが、このランキングにも五位に『野望の憑依者』、十位に『天地雷動』を送り込めました。
このベスト10は、一位に『村上海賊の娘』、二位に『剣豪将軍義輝』、三位に『壬生義士伝』、四位に『蜩の記』、ほかにも『光秀の定理』や『みをつくし料理帖』といった超有名作品がランクインしており、このベスト10内に二作品も送り込めたのは、この上ない喜びです。
しかしながら「週間朝日」の「2014年歴史・時代小説ベスト10」で、『天地雷動』が五位というのは納得がいきません。このベスト10は毎年、私にとって最も評価が厳しいものなので覚悟はしていたのですが、五位は極めて不本意です。これは来年、リベンジします。
というわけで今年一年、ありがとうございました。
さて2015の出版計画については、あらためて新年のご挨拶で述べさせていただきます。
それでは、よいお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。