--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-08-22

9/7発売予定の『江戸を造った男』のカバーが公開されました。

28005908_1.png

夏も終わりに差し掛かりましたが、皆さん、いかがお過ごしですか。
オリンピックも閉幕ということで、少しさびしい夏の終わりですが、オリンピックは本当に燃えましたね。
たいへんなメダルラッシュとなり、うれしかったのはもちろんですが、何かに向かって懸命に努力することの大切さを思い出しました。
われわれ作家には明確な目標はなく、ただ前作以上に読者に満足いただけるものを出していくだけです。
それは、皆さんのやられている仕事と変わりありません。
つまり終わりのない戦いなのです。

『江戸を造った男』の主人公である河村瑞賢も、生涯を仕事に捧げた男です。
世の中では定時退社の企業がもてはやされるなど、仕事より私生活を大切にする風潮が主流ですが、私は常々、疑問を感じてきました。
そこで仕事に邁進する男を描き、仕事をやり遂げる喜びこそ何物にも勝るものはないということを、とくに若い方には知ってもらいたいと思いました。
そうした折、河村瑞賢と出会いました。

内容の詳細は、次の機会に譲ることにして、まずはカバーができ上がってきました。
雨の中でも率先垂範で仕事を行う男の後ろ姿です。
仕事に邁進する男の、この後ろ姿に何かを感じていただければ幸いです。
装画はヤマモトマサアキ氏です。
週刊朝日連載時の挿絵もご担当いただき、あまりの素晴らしさに、単行本の装画もお願いしました。
奇しくも、先日発売成った『峠越え』文庫版もヤマモト氏でしたが、あれも緊張感が漂ってくる迫力あるカバーでした。

『江戸を造った男』は、9/7に朝日新聞出版より発売されます。
オリンピックを見て熱くなった方には、さらに熱くなってもらいましょう。
600枚一気読み必至です。
どんな題材でも一気に読ませる伊東マジックは、この作品でも健在です!
発売まで、しばしのお待ちを。
スポンサーサイト
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。