FC2ブログ

2012-09-02

近況報告

暑い夏も、いよいよ終わりましたね
皆さんは、この夏、いかがお過ごしでしたか。
私は一泊二日の旅行を二回ほどしただけで、後は仕事三昧でした。
七月には家族の恒例行事のヒルトン東京ベイへ。これは四年連続になりましたが、例年は二回行くのですが、今年は私が多忙なので一回だけ。
また八月には、三年連続となる西湖へ。こちらは中三になる長男の剣道部合宿が山中湖畔でありまして、その最終日を見学するついでに、合宿終了後に家族旅行をしています。
あとは8/23にヴァンダー・グラフ・ジェネレーターという老舗プログレバンドのライブに一人で行ってきました。内容は惨憺たるもので、日本の聴衆が英国人にいかになめられているか、証明してくれました。
あと8/30にリドリー・スコットの『プロメテウス』を観てきました。こちらも期待していたゴシックホラー色が皆無で、グロいだけで全く緊迫感のない駄作でした。

さて8月は、小説誌の掲載が二篇あります。
「オール讀物」9月号誌上では『果報者の槍』、「小説現代」9月号誌上では『国を蹴った男』という短編が掲載されています。
また10/1(多分)から、NHK Web Magazineで『黎明に起つ』という長編の連載が始まります。
こちらは北条早雲を主人公とした長編小説です。
これまで『疾き雲のごとく』という、早雲を主人公とした短編集を出したことがありますが、今回は長編です。
内容のかぶりは一切、ありません。

また10/8に開催される「玉縄歴史アカデミア」の鼎談に再び参加します。
基調講演は、あの小和田先生ですので、すぐに満員になると思われます。

「戦国北条氏と鎌倉そして玉縄城」
13:30 ― 17:30
基調講演 :  小和田哲男(静岡大学名誉教授)
会場 : 清泉女学院中学高等学校 階段教室(玉縄城本丸址)
募集人員 : 140
参加費 : 1,200円
申し込み : 玉縄まちづくり会議 0467-45-7411
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード