FC2ブログ

2012-12-21

『国を蹴った男』重版決定!

国を蹴った男カバー(帯なし)

『国を蹴った男』の重版が決定しました。
『叛鬼』同様、初版は多く刷ったので、重版は高いハードルでしたが、発売から二カ月弱で、何とか達成できました。
名だたる作家がそろい踏みした「2012冬の陣」のあおりを食らい、新聞・雑誌での紹介記事や書評が皆無というアゲインストな状況下でしたが、見事、やってくれました。
自作での刷数では『叛鬼』を抜き、『城を嚙ませた男』に次いで二位となりました。
購入いただいた読者の皆様には、心から感謝いたしております。
同時に、これからも絶対に読者の皆様の期待を裏切らない作品を書き続けることを、お約束いたします。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 教えて下さい

剛腕ファン倶楽部様

ありがとうございます。
仰せの通り、版元の見込みにより初版刷数は異なります。
それゆえ刷数を重ねても、たいしたことのないものもあります。
さすがに私の場合、後者のような状況ですが、純文学などですと初版3,000で重版がかかっても1,000というものもあります。
エンタメは、基本的に最低でも初版4,000、重版2,000という単位だと思います。
以上で、お分かりいただけたでしょうか。

お役にたてば幸いです。

伊東

> 先生のご著書は全て読んでおります!
>
> 質問なのですが、重版と発行部数はどのように違うのでしょうか?
>
> 初版1,000部、重版1,000部、合計2,000部という場合と、
> 初版10,000部、重版なし、合計10,000部という場合は
> ありえるのでしょうか?
>
> 先生の『国を蹴った男』はどちらのパターンなのでしょうか?
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード