FC2ブログ

2013-02-16

「ライバルたちの光芒」に、またまた出演します

二週連続となりましたが、来週2/20の放送にも出演することになりました。
今回は石田三成VS藤堂高虎という対戦で、三成の弁護人になります。
前回、放送分の足利尊氏VS楠木正成では、抱腹絶倒と言いましたが、見事にカットされていました。
どんなシーンがあったかというと、ここで書いても面白くはないのですが、まず加来さんが「尊氏の祖父の遺書の話だけど」と私に振ってきたにもかかわらず、「えっ、何の話でしたっけ」ととぼけるシーン。突然、振られて何のことか分からなかったのですが、すぐに分かって説明するシーンは残されていました。
また尊氏になりきって、「もう駄目。ぼく死ぬ、死ぬ」と演技しながら解説するシーンとかです。
今回の石田三成は真面目にやりました。
放送日時は以下になります。
2/20 22:00~23:00 BS-TBS
お楽しみに!


http://w3.bs-tbs.co.jp/rival/
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

可能であればご教授下さい

いつも書籍は楽しく読ませて頂いております。
不躾ながら、疑問にある事があるので先生の見解を聞かせて頂きたいと思っています。

半蔵門は服部半蔵に由来すると言われていますが、渡辺半蔵に由来するとも聞きました。
門の由来は、地名に由来するものも多く、服部屋敷があったから半蔵門との呼び名になったとされていますが、
半蔵門が建築された当時では、初代半蔵も亡くなり、服部家は没落、家康の覚えもよくない二代、三代半蔵から、名前を取るはずはない。
なので、槍の半蔵の異名をとった渡辺半蔵に由来する方が信憑性が高いと聞きました。

どちらの説が可能性として高いのでしょうか?
宜しければご教授下さいませ。

Re: 可能であればご教授下さい

私もそこのところは詳しくないので、何とも申し上げられません。
お力になれず、申し訳ありません。
何か分かりましたら、こちらのブログに上げさせていただきます。

No title

いえ、お手数おかけしました。

先生の書籍を読んで、初めて知るマイナー関東武将も多いのですが、
王道の戦国武将も個人的には描いて欲しいと思っています(笑)
あくまで願望です。
これからも楽しみにさせて頂きます。

コメントですが、やりとり出来て嬉しかったです。
ありがとうございました。
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード