FC2ブログ

2013-12-24

『北天蒼星 上杉三郎景虎血戦録』文庫版発売!

北天蒼星(文庫カバー1)


遂に『北天蒼星』が文庫化され、12/25に書店店頭に並びます。
この勇壮極まりないカバーは、いかがですか。
従来の弱々しい三郎景虎のイメージが、これで一新できたと思います。
今回はワードデータから手を入れ、徹底的なリライト作業を行いましたので、抜群に読みやすくなっているはずです。
とくにこの作品は、戦場シーンが多いので、そのあたりのリアリティは格段に上がりました。
単行本執筆時は未熟だった描写技術も、今回のデジタル・リマスタリング作業によって、より鮮明になり、自信を持って、「戦国時代の戦場にお連れします」と言いきれる作品に仕上がりました。
また三郎景虎の心理描写も、より緻密にしたので、その悲劇的な生涯に、よりいっそう共感いただけると思います。
また、この作品で三郎景虎と御館の乱にご興味を持った方は、御館の乱の研究成果を新書にした『関東戦国史と御館の乱』(乃至政彦氏との共著)も是非、ご一読下さい。


関東戦国史カバー2
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

『北天蒼星』購入しました

昨日、『北天蒼星』文庫版を購入しました。
単行本で一度読んでおり、悲劇の武将に非常に感銘を受けました。
それをもう一度文庫版でじっくり味わいたいと思います。

Re: 『北天蒼星』購入しました

> 昨日、『北天蒼星』文庫版を購入しました。
> 単行本で一度読んでおり、悲劇の武将に非常に感銘を受けました。
> それをもう一度文庫版でじっくり味わいたいと思います。

ありがとうございます。
ツイッターも見るだけは見ているので、今朝方、「隻眼さん、ありがとうね」と声に出して謝意を示しました。
隻眼さんのようなファンのためにも、いっそう頑張りたいと思います。
来年に向けて元気が湧いてきました。
よいお年をお迎え下さい。

待望しておりました

文庫版発売、おめでとうございます。途中から読み始めると、止まらなくなってしまい、このまま最後まで行ってしまうともったいないので、最初から読み直すことにしました(笑)。久しぶりにワクワクさせられています。今年最後の一冊として楽しませて頂きます。
どうぞよいお年をお迎え下さい!

Re: 待望しておりました

> 文庫版発売、おめでとうございます。途中から読み始めると、止まらなくなってしまい、このまま最後まで行ってしまうともったいないので、最初から読み直すことにしました(笑)。久しぶりにワクワクさせられています。今年最後の一冊として楽しませて頂きます。
> どうぞよいお年をお迎え下さい!

ありがとうございます。
書いた本人も読み始めたら止まらなくなりました(笑)。
私の作品が、というよりも三郎のリアルストーリー自体が面白いんでしょうね。
よいお年をお迎え下さい。
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード