--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-07-09

『野望の憑依者(よりまし)』本日発売!

『野望の憑依者』カバー大

『野望の憑依者』が本日、書店店頭に並びます。
この作品は南北朝時代を舞台に、悪に生き、悪に死した男・高師直を主人公に据えた
伊東潤の新境地「歴史ピカレスクロマン」です。
「みんなハッピー」、「万事めでたし一件落着」「正義の武士と、それを支えるいい女」という定番時代小説を好む方々は、正直、読まない方がいいと思います。
そうした方々には、この作品は毒が強すぎます。
この作品は、「悪」とは、その時代の価値観に照らして「悪」であり、別の時代にとっては「善」であるかもしれないというテーマを内包しています。
つまり、公家や寺社の権益を守ろうとする守旧的な足利直義に対して、実力主義重視の高師直は、果たして「悪」なのかという点です。
また自分が体制側になってしまった時、「悪」は変質せざるを得ないのかという点も、読みどころの一つです。
まあ、そうした理屈は別にしても、意表を突くストーリー展開を存分にお楽しみ下さい。
えっ、なぜ結果が分かっている歴史小説なのに、意表を突く展開なのかって?
それは読んでからのお楽しみ。
ちなみに今回は、本屋さんバージョンと図書館バージョンという二つのパターンを用意しました。
図書館バージョンは、極めてつまらない展開になっています。
なんてね。冗談ですよ(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

読了

『野望の憑依者』読み終わりました!
初めて読む南北朝時代の作品でしたが、すんなりと入っていけました。
やはり物語の描写がすごく鮮明!
この作品に限らず、毎回作品の憑依者になっています!

Re: 読了

隻眼の使者様

> 『野望の憑依者』読み終わりました!
いつも、ありがとうございます。

> 初めて読む南北朝時代の作品でしたが、すんなりと入っていけました。
あまり知らない時代は、次に何が起こるか分からない面白さがあるでしょ。
今回は読者の皆様に、そのあたりも楽しんでいただきたいと思っていました。

> やはり物語の描写がすごく鮮明!
ViVIdというのは、最高にうれしいですね。
私も、好きな音楽などで同じ表現を使うことが多いです。
複雑な時代を、いかに短く分かりやすく説明する技術は向上しました。

> この作品に限らず、毎回作品の憑依者になっています!
面白い!
座布団、一枚!
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。