--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-17

ご注意下さい

AMAZONの『野望の憑依者』のレビューにおいて、ネタバレされているものがありますので、ご注意下さい。
版元を通じてAMAZONに取り下げを要求したのですが、「ネタバレは規約違反ではない」とのことで拒否されました。
ですので、読まないように(笑)。

いずれにせよ、今回は小説というものが読めていない人が多いのに驚きました。
それについて、とやかく言うことはやめましょう。
それぞれの方のリテラシーで読めばいいわけであり、どんな幼稚な感想を書こうが、そういう場をAMAZONが設けている限り、何を書くのも勝手です。
ただ、この方々が最後まで読んでいることは確かなので、そんなら楽しんだということでしょうね。
私だったら、つまらない本は途中で読むのをやめてしまうので、最後まで読み切ったということがすべてだと思いますよ(笑)。
いずれにせよ、ここ数年、全体的にレビューの荒れ方がひどいようですが、その波が、私のところにも押し寄せてきたということですね。
まあ、こういうのも楽しみながら読ませていただきます。

さて話変わって、雑誌「一個人」の安田清人氏のWEBプログ「最高に面白い時代小説」で、取り上げていただきました。
http://www.ikkojin.net/blog/blog64/
司馬先生の『竜馬がゆく』の次なので、大恐縮です(汗)。

また、「本の雑誌」図書カード三万円使い放題コーナーに出ております。
http://www.toshocard.com/booktopics/select/backnumber.html
読みたかった本を三万円分もいただき、感無量です。

ということで暑い夏も嫌なレビューも(笑)、吹っ飛ばしていきましょう!

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんにちは

ありがとうございます。
締切との苦闘の日々が続きますが、何とかしています。
先生の本も、いろいろ参考にさせていただいております。
これからも、互いに頑張りましょう。
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。