--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-10-07

『城を嚙ませた男』文庫版二刷決定!

『城を噛ませた男』文庫版カバー中

発売から七カ月かかりましたが、『城を嚙ませた男』文庫版に、ようやく重版がかかりました。
このままロングセラーとなり、地道に売れていってくれるといいのですが。というか、そのつもりでいます(笑)。
『城を嚙ませた男』は、全く何の前触れもなく直木賞候補になった作品なので、たいへん思い出深いものがあります。
日本文学振興会から「直木賞候補になりました」という電話をもらった時は、何のことか分からず、何度も主旨を確かめ直して、ようやく理解できました。
それだけ予想もしていないことでした。
この時は、『蜩の記』が取ったわけですが、一次投票で『ラブレス』と同点二位という信じ難い結果で、最高に気分のいい負け方をしました(それ以降の回は、まあね…)。
この時の待ち会は、取ったも同然の盛り上がりでした(それ以降の回は、まあね…)。
『城を嚙ませた男』文庫版は、単行本の時に未熟だった文章表現に磨きをかけ、格段にリーダビリティを上げたものです。内容は同じでも、断然、読みやすいと思います。
内容については、もう何も言う必要はないですね(笑)。
この機会に、ぜひお読み下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。