--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-10-19

11/6(木)、八重洲BCにて『池田屋乱刃』発売記念サイン会開催!

『池田屋乱刃』カバー小

10/22(水)、拙著としては久しぶりの幕末物『池田屋乱刃』が、書店様の店頭に並びます。
これまで池田屋事件が出てくる小説の大半は、新選組サイドから書かれており、志士たちは不逞浪士と呼ばれ、テロリストと何ら変わらぬ扱いを受けてきました。
それゆえ、いつか志士たちの池田屋を書きたいと思っていました。しかし、まとまった史料がなく、後回しになっていました。
そこに、中村武生氏著の『池田屋事件の研究』(講談社現代新書)が出たのです。
この大労作を一読した私は、「志士たちの池田屋」が書けると確信しました。
私は、新選組の引き立て役にすぎなかった彼らを、血の通った人間として現代によみがえらせることにしました。
京都が一番、熱かった夜を、彼らと一緒に過ごしてみませんか。
なお、都内・京浜地区の書店様回りは、10/29(京浜)と30(都内)になります。
サイン本をご所望の方は、それ以後にお願いします。

さて『池田屋乱刃』の発売を記念して、八重洲ブックセンター本店様のご厚意により、11/6(木)、サイン会を開催いただけることになりました。
七月に丸善日本橋店様で行われた『野望の憑依者』発売記念サイン会では、閉店時間の関係で、整理券をお持ちでない五名様ほどのお客様にお断りせねばならず、たいへん申し訳ない思いをしました。
自分で言うのも何ですが(笑)、今回も混雑が予想されますので、早めにご来店いただければ幸いです。
今回の印判(落款)は「知行合一」です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

購入します

八重洲ブックセンターのサイン会は、またもや仕事の都合で行けそうにありません…。

ですので、明日サイン本を購入する予定です。サイン会に行けないのは残念ですが、読むのを楽しみにしてます。

Re: 購入します

了解しました。
またの機会に。
サイン本は、明日と明後日の二日間で作りに回ります。
いつも、ありがとうございます。

昨日新宿紀伊国屋書店にサイン本が入ったとようですが、昨日は帰りが遅くて寄れず、今日は1日外出で行けません。連休明けまで残っていると良いのですが・・・。
横浜駅周辺でサイン本があると今日買えるのですけど。(笑)
前作はサイン本を購入しそびれてしまったので、今回こそは。σ(^◇^;)

Re: タイトルなし

ありがとうございます。
紀伊国屋本店様では四十くらいサイン本を作ったので、大丈夫だと思います。
横浜地区は、それほど作っている店舗はありませんが、今週末くらいまでであれば、入手できると思います。
よろしくお願いします。

新年明けましておめでとうございます。

2015年、初めて手に取った本は伊東潤先生の『池田屋乱刃』でした。

この時代に関してはほとんど知識がなく、新撰組の存在や
池田屋事件という言葉は知っていますが、詳しく知りませんでした。

この本を通して宮部鼎蔵にとにかく惹かれました。
一章?から受ける人物像と宮部鼎蔵本人がメインとして
描かれている『及ばざる人』から受ける人物像では大きく違いました。

先生の作品を通して度々、正義や善悪はどちらか一方にあるのではないということを思い知らされます。

今年も新刊が発売されることを知り、いまから楽しみにしております。お体に気を付けて今年も頑張ってください。

Re: 新年明けましておめでとうございます。

遅ればせながら様

あけましておめでとうございます。

> 2015年、初めて手に取った本は伊東潤先生の『池田屋乱刃』でした。
ありがとうございます。
そいつは春から縁起がいいですね。

> この本を通して宮部鼎蔵にとにかく惹かれました。
> 一章?から受ける人物像と宮部鼎蔵本人がメインとして
> 描かれている『及ばざる人』から受ける人物像では大きく違いました。
> 先生の作品を通して度々、正義や善悪はどちらか一方にあるのではないということを思い知らされます。
そうですね。
それも、こうした短編の狙いの一つです。
今回の宮部は、さほど変えてないつもりでしたが(苦笑)。

> 今年も新刊が発売されることを知り、いまから楽しみにしております。お体に気を付けて今年も頑張ってください。
お気遣いいただき、心から御礼申し上げます。
「遅ればせながら」様にとって、素晴らしい一年であることを祈念しております。
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。