--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-02-21

『吹けよ風 呼べよ嵐』のカバーと、23日の朝日新聞に出る件

『吹けよ風』カバー帯付き

3/10頃発売の『吹けよ風 呼べよ嵐』のカバーがアップされました。
装画は明治時代の版画家兼浮世絵師の小林清親の絵『川中島合戦図屏風』(静岡県立美術館蔵)の一部を使い、芦澤泰偉氏に装丁いただきました。
この作品のストレートさを端的に表すような豪快なカバーになりました。
帯には「剛腕」といういつものフレーズが躍り、この作品の力強さを物語っています。
内容については、また折を見て触れていきますね。
タイトルは、プログレッシブロック・ファンなら誰でも知っているピンクフロイドの名曲からいただきました。
とにかく勢いのあるタイトル、カバー、帯コピーとそろいました。
『天下人の茶』がプログレ接近作なら、この作品はハードロック回帰作と言えるでしょう。
最後の合戦場面は、自分で推敲しながら熱くなってしまいました。
やっぱり男は、Born to be Wildっすよ(笑)。

2/23日(火)の朝日新聞朝刊に、私のインタビュー記事が出ます。
こちらは『天下人の茶』を中心にしたものです。
カラーページということまでは知っているのですが、どのくらいの大きさで出るかまでは聞いていません。
いつもの調子でしゃべりまくったので、うまくまとめていただくことを祈るばかりです(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

待望の一冊!

先日、戦国史研究会に参加したのですが、懇親会では伊東先生のお仕事に期待する声を聞きました。
ストレート・剛腕の豪速球で、川中島合戦を歴史コンテンツのトップに復権なされますこと、お祈り申し上げます。
インタビュー記事も楽しみです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 待望の一冊!

乃至様

ツイッターで参加なされていることを知りました。
話題に出るとは思いませんでした。
皆さんとも親しくなりたいですね。
また、お会いしましょう。

Re: ついに‼️

> 「吹けよ風 呼べよ嵐」表紙カバーが出たんですね。カッコいいです。
> 3月8日が待ち遠しいです。

ありがとうございます。
目立ちそうなカバーでよかったです。
念入りに仕上げたので、ご期待下さい。
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。