--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-03-10

『王になろうとした男』文庫版 3/10頃発売!

『王になろうとした男』文庫カバー帯付き(楽天)

『王になろうとした男』の文庫版が、本日3/10に発売されます。
この作品は、信長の家臣たちの視点から信長を描いた連作短編集です。
テーマは「野心とは何か」――。
『城を嚙ませた男』『国を蹴った男』と同系列の歴史解釈をエンジンとし短編集ですが、全編に信長登場ということもあり、前二作よりも身近に感じられるはずです。それゆえ「男シリーズ」三部作の最終作と位置付けています。
桶狭間で今川義元の首を取るという大功を挙げたにもかかわらず、その後、歴史の闇の中に消え、再び現れた時は、本能寺の変で壮絶な討ち死にを遂げることになる毛利新助。
明智光秀や羽柴秀吉にも勝る勢いで出頭を重ねたにもかかわらず、本願寺との合戦で討たれた後、様々な不祥事が明るみに出ることで、信長によって歴史の闇に葬られた塙直政。
野心家であるがゆえに墓穴を掘ってしまった荒木村重。
本能寺の変のあおりを食らい、謎の死を遂げた津田信澄。
信長の野心に当てられ、信長になろうとした男・彌介。
信長との出会いがあったゆえに、好むと好まざるとにかかわらず、己の人生を変えられていった男たちを余すところなく描きました。
私の戦国短編シリーズの集大成的作品集です。
お楽しみいただければ幸いです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 「虚けの舞」

大河様

ありがとうございました。
『虚けの舞』は初期作品ですが、うまく書けていたと思います。
お楽しみいただけて何よりです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 吹けよ風 呼べよ嵐

大河様

ありがとうございました。
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。