--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-04-23

本日、せんだい文学塾で講演します

熊本や大分で震災被害に遭われた方々のことを思うと、心が痛くなります。
自然災害なので致し方ないとはいえ、あまりの被害の悲惨さに言葉もありません。
日本国民が一体となり、復旧に全力を尽くしていきましょう。
義援金という形でしか貢献はできませんが、気持ちは一つです。

実は2013年と2015年の二回、私は熊本に行きました。
もちろん二度とも熊本城に上りました。
何十年ぶりかで見る熊本城でしたが、これこそ日本の誇る文化財の一つだと思いました。
実はその時、西南戦争の取材で益城市にも行きました。
益城市には薩軍木山本営があり、木山城という古城から、そちらの方角を撮影した写真もアルバムに残っていました。
同じ角度から撮られた映像なども見ましたが、すべての家がつぶれてしまい…。
言葉もありません。
一日も早い復旧を祈っています。

当日になってしまいましたが、本日、仙台文学塾で、「歴史小説の物語の作り方」と題して講演を行います。
これまで歴史講演は数多くこなしてきましたが、初めての小説技法に関する講演となります。
なぜ当日になるまでアナウンスしなかったかと言うと、月例で開催している会なので、常連さんだけで満席になる可能性があったからです。
でも、そうではなかったようで(笑)。
私の不徳の成せる業でしょう。

ということで、仙台近辺にお住まいの方はぜひお越しください。
会費は2,000円ですが、それ以上のものをお持ち帰りいただくつもりです。
滅多にない機会になりますので、ぜひご参加下さい。
詳細はこちらです。

https://sites.google.com/site/sendaibungakujuku/

楽天Kobo 2

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。