--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-05-07

GWも終わりました。

久々の更新です。
熊本の大地震のことがショックで、ブログで明るいことを書く気になれませんでした。
実は2012と2014の二年連続で、熊本に取材旅行に行ってきました。
益城町にも行きました。
観光地ではないので、私のような部外者で行く人は極めて少ないのですが、薩軍の木山本営があったので行ったのです。
あの風景のすべてがなくなってしまったと思うと、言葉もありません。

さあ、話題は変わりますが、GWも終わりましたね。
皆さんは、どのようにお過ごしでしたか。
私は、5/3の「北条五代まつり」で、合田雅吏さんや加藤小田原市長と行列の先頭を歩かせていただきました。
24万人という人出に圧倒されました。
小田原城の外壁も塗り直され、とても美しくなりましたので、ぜひ行ってみて下さい。
http://www.odawara-kankou.com/event/tenshukaku-renew.html

小田原城リニューアル後2


さて5/22の21:00~22:55に、BSフジで放送される「週刊聖徳太子」という番組に出演することになりました。
というか収録は済んでいるので、出演します。
何と、信長の小姓だった黒人弥助で二時間番組を作ってしまうという無謀(?)な企画です。
逆にテレビ番組が、そこまでマイナーな人物を掘り下げていくことは滅多にないので、面白いかもしれません。
詳細は、下記のサイトをご覧下さい。

http://www.bsfuji.tv/pub/syotokutaishi/index.html

5/20には、最新作の歴史ノンフィクション『敗者烈伝』が発売されます。
歴史上、敗者となった25人の男たちについて書いたエッセイです。
もちろんエッセイと言っても雑感ではなく、敗因について詳しく分析しています。
内容については、下記をご覧下さい。

http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-53684-2


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

GW中は静かにしておりました。
小田原はご盛況だったことと思います。お疲れ様でした。
明日は寄居が熱そうですね。

弥助は興味深いですね。
本能寺で死んだ説や、その後行方知らずになった説など、その後のことが諸説まちまちです。
立川文庫のような荒唐無稽な冒険活劇で海賊王にでなって欲しいと願うほど、密かな弥助ファンです。
番組を期待します!

Re: No title

夢酔先生

コメントありがとうございます。
寄居町の方々とも親しくなりました。
明日が祭り当日ですか。

弥助については、分からない点が多くて作品化するのに苦労しました。
しかも弥助が来てから本能寺までの間が短いので、いろいろたいへんでした。
いずれにせよ、いい番組になりそうなので、ご期待下さい。
プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。