--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-01-01

年頭のあいさつ

あけましておめでとうございます。
皆様、いかがお過ごしですか。私は相変わらず仕事三昧です(今はデニーズにいます)。
今年の世界情勢が激変期を迎えるのと同様、出版業界も大きな曲がり角に来ていると思います。
そうした中、よりよい作品を世に出していくのが作家の仕事です。
今年は、昨年以上にパワーアップした作品群を出していけると思います。
下記は今年の発売予定です。

【新作】
2017 3月  『城をひとつ』(連作短編集) 新潮社
     6月   『悪左府の女』 文藝春秋
     9月   『西郷の首』角川書店
    11月  『幕末雄藩列伝』(新書) 角川書店
     12月  『修羅の都』文藝春秋(公明新聞連載中)

内容については、以下のようになります。
『城を一つ』北条家の潜入攪乱工作を担う大藤一族の活躍を描いた連作短編集。
『悪左府の女』摂関家の内訌に巻き込まれた女の悲劇を描く王朝絵巻。
『西郷の首』西郷の首を見つけた男と、大久保を斬った男を描く幕末の青春群像。
『幕末雄藩列伝』幕末を藩という視点から捉えた歴史エッセイ。
『修羅の都』魔界鎌倉を舞台にした源氏三代をめぐる憎悪と怨念。
(なお『修羅の都』については、翌年になる可能性があります)

【文庫】
『黎明に起つ』 講談社    2017/03   北条早雲の一代記
『野望の憑依者』 徳間書店    2017/06   南北朝時代を高師直の視点で描く
『池田屋乱刃』 講談社    2017/09  池田屋事件を志士の視線で描いた連作短篇集
『死んでたまるか』 新潮社  2017/12  薩長政府と戦った大鳥圭介の軌跡

『城を一つ』は久々の短編集です。この作品群の構想は、7年ほど前にできており、5年ほど前に2作だけ小説新潮に掲載してもらったところで、先に長編を連載してくれというリクエストが届き、残り四編を2015と2016で書いたものです。こうした複雑な経緯で生み出された作品ですが、小品集なりの切れ味は、いつも通りです。
『悪左府の女』は、保元の乱をクライマックスにした長編です。藤原頼長とある女官を視点人物にし、策謀渦巻く平安朝絵巻を展開しました。この作品も「次に何が起こるか分からない展開を歴史小説に持ち込む」ことに努めました。
『西郷の首』は熱い男たちの物語です。『鯨分限』や『江戸を造った男』と似たテイストを持つライブアルバム的な位置付けの作品です。クライマックスの紀尾井町事件に向かうスリリングな展開は、私の中でもベストな出来です。
『幕末雄藩列伝』は、幕末という激動期を、藩という視点から描いたエッセイ集です。このエッセイ集の意義は、時代の激変期に、藩主や藩首脳部が、いかに判断し、いかに対応していったかです。そこには、現代企業の生き残りのヒントが隠されています。
『修羅の都』は、武士の都鎌倉を舞台に展開する愛憎劇を、頼朝と政子の視点で描いています。得意の政治ドラマですが、本作では、とくに政子の心理をきめ細かく描いています。現在、公明新聞で連載中ですが、新聞の加入部数が伸びるほどの大好評を博しています。永井路子氏の『北条政子』に匹敵するスタンダード的作品にすべく、努力していきます。
こうしたラインナップで2017年も爆走しますので、ご支援のほど、よろしくお願いします。
まだ、どの作品もカバーがないので、『悪左府の女』の連載時の装画を掲載します。苗村さとみさんの繊細なタッチが素晴らしいです。

悪左府の女2

悪左府の女イラスト1

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。