FC2ブログ

2010-08-24

鉢形城攻防戦! 「小説宝石」九月号に『城を噛ませた男』前編が掲載されました。

九月号小説宝石

いまだ猛暑が続いていますが、昨夜、コオロギらしき鳴き声が聴こえました。秋はそっと迫っているのですね。ということで、いつまでも回復しない景気もそろそろ上向いてほしいものです。
 さて、私の新刊攻勢も一段落しましたが、すでに年末発刊予定の新作2.5作の仕上げにかかっております。
ということで、「小説宝石」連載分の四作目『城を噛ませた男』がいよいよ九月号で発表されました。これは後半部分もすでに書き上げているのですが、やや長いので前後編という形式になりました。後半は十月号に掲載されます。そしてこちらもすでに書き上がっている『江雪左文字』は、来年初の発表となります。それゆえ次のハードカバーでの短編集の発売は、光文社から来年の春以降となりそうです。
『城を噛ませた男』は真田昌幸と猪俣邦憲を主役に据えた短編です。戦国の悲哀と怒濤の城郭攻防戦が見せ場となっております。いつか書きたかった鉢形城攻防戦ですが、いろいろ頭をひねった末、城郭ファン、歴史小説ファン双方が満足できる作品に仕上がりました。
『見えすぎた物見』 唐沢山城
『椿の咲く寺』 久能城
『鯨のくる城』 下田城
『城を噛ませた男』 鉢形城
『江雪左文字』???
という感じで、ラインアップもそろってきました。
果たして『戦国鬼譚 惨』を超えられるか。
それを判定いただくのは読者の皆様です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

伊東潤

Author:伊東潤
作家伊東潤のブログへようこそ!

【最近の作品】
『巨鯨の海』
『王になろうとした男』
『峠越え』
『天地雷動』
『野望の憑依者』
『池田屋乱刃』
『死んでたまるか』
ホームページ
http://quasar.ne.jp/CCP026.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード